国立市の風景

March 11, 2006

国立駅舎 多摩のまちなみ建築デザイン大賞受賞

国立駅1 JR国立駅舎です。2月に発表された多摩地区商工会の「多摩のまちなみ建築デザイン大賞」に、輝きました。

 「中央線沿線を代表する郊外住宅地、国立を象徴するのが、国立駅舎にほかならないが、その魅力は、大通りと見事にマッチした、その立ち姿にある。まちなみの美しさをつくってゆく上での、手本といっていいだろう」と受賞理由にありました。

 

国立駅2 駅舎を撮影するために駅のロータリーの中央まで行ったら、左のようなものに気がつきました。歩行者は、あまり来ない場所にあります。「国旗掲揚塔」です。下には「國威宣揚 宇垣一成」と書いてあります。宇垣は当時、陸軍大将です。

 

国立駅3 1940年=昭和15年の「紀元二千六百年」を記念してたてたものです。「当時の戦争一直線の風潮を思いおこし、二度と戦争の過ちを繰りかえさないために」ということで塔をのこしたようです。国旗掲揚塔の地図はこちら

 

 

国立駅4 国旗掲揚塔の近くから撮影した国立駅舎です。この赤い三角屋根の駅舎は、1926年=大正15年4月1日にできました。それから80年が、たちました。駅の高架化のために、存続があやぶまれているようですが、何とか保存してほしいものです。

※読み終わった方にお願い※昭島・福生・立川を全国区に!同じパソコンIPから1日1回クリックしてください。10ポイント上がります。

昨日は、地域情報全国35位・全国総合745位。今日は何位かな?→人気ブログランキングへ



akishima123 at 08:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Blog内検索
Categories