August 20, 2006

早稲田実業 決勝再試合へ

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング何位かな←ここをクリックお願いします。

 

斉藤投手 今まで早稲田実業を中心に甲子園のことを書いてきました。実はほとんどニュースやテレビ朝日の「熱湯甲子園」いえ「熱闘甲子園」を参考に書いていました。

 やっと決勝はテレビでライブで見ることができました。イヤー、良い試合でした。斉藤・田中両投手の見事な投げあいでした。

 37年ぶりの決勝再試合。

 昭和44年の夏。松山商業対三沢高校。井上明・太田幸司投手の投げあい。当時は18回まで戦いぬいたのでした。

 明日も午後1時から。もう一日夏の楽しみが残りました。

☆いつも投票ありがとうございます。昭島・福生・立川(多摩)を全国区に!

ブログランキング何位かな←1日1回応援クリックお願いします。



akishima123 at 23:43│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 静岡   August 22, 2006 09:55
1 とても、感動したいい試合でした。
でも、早稲田の斉藤投手は、高気圧エアーチェンバーO2で体のケアをしていたんでしょ・・・・・・そこまでして早稲田は
優勝したかったのか?伝統校のする事とは
思えない、高校野球の面白さは優勝だけで
いいのだろうか?泥まみれになって、白球を追う姿が感動を呼ぶのだと思う。
そんなものを、使う様になってはつまらない。お金のある学校は同じ事をするだろう。
本当にこれで、いいのか高校野球!!
2. Posted by 管理人   August 24, 2006 20:57
5 静岡さん、書き込みありがとうございます。エアーチェインバー02、知りませんでした。が、テレビでもやっていました。400万円するんですね。これがあったからそれほど疲労が蓄積しなかったんでしょうか。
 すでに多くの高校ではお金で良い指導者を招き、特待生制度で力のある生徒を集め、授業時間も短くして甲子園を目指しると聞きます。
 これでいいのか?と聞かれると、良くはないけど・・・それをつきつめて考えると高校野球が面白くなくなってしまうかもしれません。残念なことですが・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Categories