July 08, 2006

立川名物 東京うどら 花奴

いつも応援ありがとうございます。ブログランキング何位かな←今すぐここをクリックお願いします。はげみになります。

 

 

花奴店 立川市幸町の「花奴 万葉庵 すずかけ本店」です。立川名物の独活(うど)をどら焼きにしたものがあるというので、来てみました。

 

 

店内1 「花奴 万葉庵」の店内の様子です。

 

 

 

店内2 店員さんの感じも非常に良いものでした。最近別のお店で初めて取材拒否にあいました。あきらかに「あやしい」という顔でその人は管理人を見ていました。(雨にあい服もびしょびしょ。渡した名刺もぐしょぐしょ。さらに風邪気味で顔もぐしょぐしょだったかも。)「うちは良いです」という取材拒否はショックでした!

 ここ花奴では、そんな管理人をとても優しく温かく迎えてくれました。ほっとしました。

 

店内3 明るい店内です。無農薬・自然農法の作物で安全な材料を使って、良質な和菓子を提供するのが、花奴の方針です。

 

 

生産者 生産者の顔がわかるように、店内に説明が書いてあります。

 

 

 

ゼリー ゼリーの説明です。とにかくいろいろこだわっているので、説明も長くなるようです。

 

 

 

せんべい せんべいにもこだわりがあります。

 

 

 

生どら1 夏季限定の「生どら」です。1個120円です。

 

 

 

生どら2 あんと生クリームが、程よく溶け合っています。冷たくておいしい絶妙の舌ざわりです。

 

 

 

うどら1 これが、「東京うどら」1個110円です。香りもアクも強い「山うど」を地下の軟化室で栽培して雪のように白くやわらかくした地元産の「軟化うど」を使っています。「銀手亡(北海道北見市の白いんげん豆)」をたっぷり使用して味噌を加えて練りこんだあんを、ふんわりとしたカステラ生地にはさんでいます。

 

うどら2

 「うどら」近影です。確かにうどが入っています。名前は「うどら」と恐竜のようですが、独活(うど)の感触が強すぎず弱すぎず、まろやかでおいしい!

 

 

夏どら1

 こちらも夏季限定の「夏どら」です。1個110円です。高知県の「小夏みかん」が入った小豆あんが、上品な酸味のする味となっています。

 

 

夏どら2 「夏どら」も切ってみました。甘いみかんの味のするどら焼きです。これも管理人の好きな味です。

 

 

 

星もなか 七夕の季節限定の「星もなか」です。1個120円です。

 

 

 

星もなか2 まさか・・・でも、これも切ってみました。甘いものを、今日も食べ過ぎました。

花奴 万葉庵 すずかけ本店

立川市幸町3−17−3 

地方発送もしています

営業 午前9時〜午後7時 筍娃苅押檻毅械供檻牽沓牽機ゝ戮澆覆

花奴 万葉庵 すずかけ本店の地図はこちらへ

花奴 万葉庵のホームページはこちらへ

小平天神店(小平市天神町2−100−5 筍娃苅押檻械苅機檻牽娃牽亜

小平小川店(小平市小川町2−2071 筍娃苅押檻械苅掘檻牽沓牽機

工場売店(立川市高松町1−22−8 筍娃苅押檻毅横粥檻横僑牽院

工場売店のみ午後5時までの営業で、日曜日は休み

★読み終わった方にお願い。昨日は人気ブログランキング地域情報関東1位でした(地域情報全国21位。全国総合472位)でした。ありがとうございます。

今はブログランキング何位かな←1日1回応援クリックお願いします。★
 



akishima123 at 09:38│Comments(2)TrackBack(0) 立川市のお店 | 立川市 幸町

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by umeko   March 14, 2007 12:50
立川にある大学(?)に半年間いたことがあり、懐かしく拝見させていただきました。
最近、水戸でも「花奴」のお菓子が買えるお店を見つけてうれしくなりました。
http://mitonoume.blog.ocn.ne.jp/mitoume/2007/03/__9a1d.html#comments
2. Posted by 管理人   March 17, 2007 19:33
5  umekoさん、書き込みありがとうございます。立川の大学に通われたたんですね。茨城県でも「花奴」の御菓子が買えるのですね。また遊びにいらしてください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Categories