July 07, 2006

昭島 嬉しい無料ランチ フォレストイン昭和館 セントロ

いつも応援ありがとうございます。今日は何位かな?→人気ブログランキングへ←ここをクリックお願いします。はげみになります。

 

ランチョンマット昭島市の昭和の森 フォレストイン昭和館セントロに来ました。フォレストイン昭和館の会員カード(入会無料)に入って、ある程度利用していると誕生日のプレゼントを受けとることができます(管理人は入会して初めてなのでシステムがまだ良くわかっていませんが)。今回花林(中華料理)かセントロ(西洋料理)のランチが無料になりますという案内を頂きました。他にもプレゼントの選択肢がありましたが、メモするのを忘れました。

 

前菜

 何回目かの誕生日を迎えたので(もう誕生日から2週間くらい経ちましたが、有効期限が1か月だったと思います)管理人が、家族の希望でセントロに来ました。家族は10%割引きです。写真はプチオードブルです。特に右の真鯛のカルパッチョがおいしかったです。

 

 

スープ

 冷製スープです。万願寺とうがらしのスープです。やや苦味がありますが、管理人は好きな味でした。

 

 

ランチ1

 「アサリとキャベツのトマトとアンチョビ風味スパゲッティーニ」686キロカロリー。タンパク質20.8g 脂質32.1g 炭水化物73.0g 食塩3.1g 管理人の妻が食べました。おいしそうに食べていました。

 

 

ランチ2

「たっぷり野菜とモッツァレラチーズ生ハムのジェノバ風冷製パスタ」473キロカロリーたんぱく質19.9g脂質14.3g 炭水化物63.6g 食塩2.7g。管理人の娘が食べました。ニコニコしていました。

 

ランチ3

「挽肉と長葱の鶏レバー風味スパゲティ」

545キロカロリーたんぱく質29.5g脂質14.9g 炭水化物67.8g 食塩2.6g。管理人が食べました。パスタの硬さもちょうどよく、挽肉に葱がアクセントとなって「無料で申し訳ないおいしさ」でした。管理人もニコニコしていたことでしょう。

 

デザート

 デザートです。これも管理人は無料です。結構ボリュームがあります。

 

 

 

デザートとコーヒー

 さらにコーヒー(または紅茶)がつきます。

 女性客が多いお店です。平日の昼間だったからでしょうが、この日数えたら(ひまですね)32人のお客の中で男性は管理人一人でした。お金を出すなら、ランチ(パスタとプチオードブルとコーヒーか紅茶)1365円です。デザートが315円です。

 

セントロからの景色 ランチもおいしいですが、管理人にはセントロから見えるこの景色もご馳走でした。

昭和の森 フォレスト・イン昭和館 セントロ

昭島市拝島町4017番3 筍娃苅押檻毅苅押檻僑沓僑掘 

営業時間 月〜金   07:00〜14:30  17:30〜21:30
      土・日・祝 07:00〜21:30

フォレストイン昭和館 セントロの地図はこちら

フォレストイン昭和館 セントロのホームページはこちら

★読み終わった方にお願い。昨日は人気ブログランキング地域情報関東1位でした(地域情報全国19位。全国総合469位)でした。ありがとうございます。人気ブログランキングへ←ここをクリックお願いします。★



akishima123 at 08:21│Comments(2)TrackBack(1) 昭島市のお店 | 昭島市拝島町

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 東京、池袋の飲食業、就職、転職、求人、募集、情報サイト  [ 東京、池袋の飲食業、就職、転職、求人、募集、情報サイト ]   July 09, 2006 01:32
飲食業、就職、転職、求人、募集、調理、ホール、地酒、居酒屋  職場選びに失敗する前に養成講座から始める (未経験者のための求人情報には気をつけて下さい)

この記事へのコメント

1. Posted by く〜たんママ   July 08, 2006 01:05
ブログランキングからまた立ち寄ってしまいました。昭和館静かでいいですよね。帰省したときにたまに行きます。会員カードがあるのは知りませんでした。中華の花林も美味しいし、懐石の車屋さんも美味しいです。そこで私は簡単な結納をしました。

いっぱい美味しいもの食べてる管理人さんは何が一番お好きなのでしょうか?
2. Posted by 管理人   July 09, 2006 09:16
5  くータンママさん、書き込みありがとうございます。お久しぶりです。フォレストイン昭和館良いですね。車屋さんで、結納ですか!?すてきですね。
 一番好きなものですか?中華もフレンチも和食もみんな好きだしと迷っていたら「妻の手料理でしょ」という天の声がありました。というわけで「妻の手料理」ということです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Categories