July 02, 2006

昭島市 武田信玄も来た!? 大日堂

いつも応援ありがとうございます。今日は何位かな?→人気ブログランキングへ←ここをクリックお願いします。はげみになります。

 

拝島大師北側

 ここは、昭島市拝島町拝島大師の裏手になります。多宝塔が見えます。写真右下に見えるのが、「五日市線 南拝島駅道」の案内石です。

 

 

 

拝島南駅

「南拝島駅道 三百十米 約三町」と書いてあります。五日市鉄道の詳しいことはこちらへ

 

 

 

大日堂への道

 大日道への道。大日堂は多摩川上流の日原村の仏像が、大洪水のため大神の中州に流れ着いたのを安置したのが始まりとされています。中州に打ち上げられた仏像を村人が拝んだことから、拝島の地名がおこったという説もあります。

 

鐘楼

 鐘楼

 

 

 

 

大日堂の隣

 薬師堂

 

 

 

 

大日堂

 大日堂です。普明寺大日堂。天暦6年(952年)創建と言われています。戦国期に滝山城の築城に際して、その鬼門除けとして現在地に移されました。天正年間(1573-1591年)に、滝山城主北条氏照の重臣石川土佐守が娘の眼病平癒を祈願して、それがかなったので大日堂を再建したとされています。

日吉神社

 大日堂再建のときに、その守護社として建立され「山王大権現」と呼ばれていた神社が明治の神仏分離令により「日吉神社」と名を変えて今に至っています。日吉神社は今改修中です。

 

おねいの井戸

 石川土佐守の娘「おねい」が、眼を洗ったところ治ったという昭島市旧跡「おねいの井戸」です。大日堂・薬師堂・鐘楼・日吉神社は崖の上にあります。階段を下りて井戸や池や仁王門があります。

 

 

おねいの井戸2

 「おねいの井戸」の中です。今も水は出ているようです。

 

 

 

池1

 大日堂の池です。水が湧き出しています。

 

 

 

池2

 鯉が泳いでいます。

 

 

 

鳩と藤棚

 池の近くから鳩とフジ棚を見ます。

 

 

藤棚

 東京都天然記念物に指定されている「拝島のフジ」です。「千歳のフジ」とも呼ばれています。根元の周囲3m。高さ約2・4m。広さ 約307.9屐5月頃紫のきれいな花を咲かせます。

 

仁王門

 昭島市指定有形文化財「大日堂仁王門」です。創建は不詳です。

 

 

 

右仁王

 仁王門の中の金剛力士像です。

永禄十二年(1569年)甲斐の武田軍は小田原城攻略に先立ち、二万の兵をもって滝山城を攻めました。この大日堂付近に陣取って猛攻撃を仕掛けてます。しかし武田軍は滝山城を落すことが出来ず、小田原へ向かいました。

左仁王

 400年以上前に、この辺を武田信玄が歩いていたのでしょうか。

大日堂 昭島市拝島町1−10−14

大日堂の地図はこちらへ

★読み終わった方にお願い。昨日は人気ブログランキング地域情報関東1位でした(地域情報全国21位。全国総合486位)でした。ありがとうございます。人気ブログランキングへ←ここをクリックお願いします。★



akishima123 at 16:29│Comments(2)TrackBack(0) 昭島市拝島町 | 昭島市の風景

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うみうし   July 02, 2006 22:45
5
昭島生まれ育ちの私にとって
この様な内容は願っても無い位です。
写真の大きさ等 最高ですね〜
これからも歴史コーナー
よろしくお願いします。
2. Posted by 管理人   July 04, 2006 00:09
5  うみうしさん、書き込みありがとうございます。歴史好きの人は多いようです。間違いがあったら指摘してください。よろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Categories