June 18, 2006

都立立川高校 梅木先生最終講義

いつも応援ありがとうございます。今日は何位かな?→人気ブログランキングへ←ここをクリックお願いします。はげみになります。

 以前ご紹介した都立立川高校の梅木先生の最終講義のご案内です。同じ内容です。それだけでは、つまらないので、梅木先生のエピソードを思い出して書きます。これは管理人が、先輩から高校時代に聞いた話です。

 梅木先生の立川高校での着任式でのお話です。「都立水商業から着任された化学科の助先生です」と紹介されて、朝礼台に上がった梅木先生が、着任の挨拶を始めようとした時でした。  

 生徒の中から「いよっ。梅・松・桜!赤たん!」と声がかかりました。花札の役である赤短冊の梅と松と桜が見事にそろっていたからです。生徒からは爆笑が起こりました。せっかくの着任の挨拶も台無しになるかと思われましたが、そこは梅木先生です。

 「ただ今、ご紹介に預かりました桜水商業から来た赤タンの梅木松助です」と始めて、生徒の大拍手の中挨拶を終えたということです。赤タンと声をかける高校生とそれに笑って応える先生の当時の雰囲気が、私は好きです。

 6月25日の日曜日午前10時30分から12時まで。管理人の高校時代の恩師・梅木松助先生の講義です。以前は今と違って一人の先生が同じ都立高校で15年・20年と教えていました。梅木先生も名物先生の一人でした。管理人夫婦の仲人もお願いした先生です。

 当日は、立川高校関係者でなくても無料受講できますので、ぜひご参加ください。参加ご希望の方は、メールをいただければ幸いですが、突然の参加も歓迎します。

メールはakishima123@leo.livedoor.com まで。

講義内容 「文理両道の勧め」
21世紀はもう「文系人間」「理系人間」では、通用しなくなっている。現在の文科系・理科系別学教育を嘆き、日本の将来のために問題提起する。
梅木先生のプロフィール
梅木先生1929年石川県能登生まれ。1968年から1982年にわたり、立川高校で教鞭をとる(化学担当)。都立五日市高校校長をもって都立高校を退職。その後つくば国際短大教授(教育学・哲学・化学などを担当)を経て現在健康科学大学講師。哲学倫理学を担当。

6月25日(日)午前10時30分より12時まで 立川高校(立川市錦町2−13−5)階段教室にて。 受講無料

立川高校の地図はこちらへ

★読み終わった方にお願い。昨日は人気ブログランキング地域情報関東1位(地域情報全国15位。全国総合446位)でした。ありがとうございます。人気ブログランキングへ←ここをクリックお願いします。★



akishima123 at 11:15│Comments(0)TrackBack(0) 立川市錦町 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Categories