May 04, 2006

昭島 薬袋さんの謎1

  まず前回の答から。1=たかなし(鷹がいなけりゃ小鳥も遊べる)2=きのした(「あいうえお」の表で、「き」の下が「くぅ」だから)3=つくも(99はもうすぐ「も=百」に着く。「も」は、これもあれもの「も」のように「たくさん」をあらわし、百を「も」「もも」とも言うので)4=やまなし(山がなけりゃ月も良く見える)5=いちじく(一字の九)

 薬袋さん1

 さて、本題です。昭島市にある豆腐店です。「薬袋豆腐店」です。「薬袋」をなんと読むのかそしてそれはなぜか、という「薬袋さんの謎」を追います。

 そんな他人の姓、苗字より自分の苗字のことが気になると言う人は、自分の姓の人数が全国何位で日本全国で何人いるかわかる便利なサイトをご紹介します。

あなたの姓の人の数は全国何位で同じ姓の人が全国に何人いるか?

 薬袋さん2

 薬袋さんは、「みない」さんと読みます。昭島市に多い苗字です。福島町に特に多いようです。なぜ薬の袋をみないと読むのか、いろいろな説があります。それをご紹介します。さらに新説=珍説?もご紹介します。

 武田信玄関与説 これが一番有名です。戦国時代のこと。現在の月見里いえいえ山梨=甲斐の国です。信玄がある日大切にしていた薬籠=携帯の薬入れを落としてなくします。「届けた者には褒美をとらす」と領内に高札を掲げて探させると、ある農民が信玄の薬籠を拾って届けます。信玄ひどく喜んで「薬籠の中は見たか」とたずねると百姓「見ません」と答える。信玄は、この百姓に褒美として苗字を与え武士にとりたてた。薬袋の中を見なかったから、薬袋で「みない」という苗字になったというもの。この薬袋さん武田氏滅亡のあと徳川家康に従い、昭島付近を治めるよう命じられた。それで昭島に薬袋さんが多いという説です。

 山梨の甲府の近くにも薬袋さんがいます。戦国時代に信玄の家来の家来が名乗り始めたというもの。住んでいたところが昔から無病長寿の里で、富山の薬売りが持ってくる薬袋を見たことがないからという「富山の薬売り」説です。

  どちらも戦国時代起源説ですが、実は戦国時代にすでに複数の「薬袋家」がありますので、あやしい説です。

薬袋さん 薬袋豆腐店の薬袋さんです。

 薬袋さんの謎はまだ次回に続きます。

そこでまた問題です。苗字の読み方です。

なんと読むでしょう。1=一  2=い 3=白 4=浮気 5=四月一日

※読み終わった方にお願い※昭島・福生・立川を全国区に!同じパソコンIPから1日1回クリックしてください。10ポイント上がります。人気ブログランキング地域情報関東2位ありがとうございます。

昨日は、地域情報全国24位・全国総合473位。今日は何位かな?→人気ブログランキングへここをクリックお願いします。



akishima123 at 09:48│Comments(1)TrackBack(0) 昭島市福島町 | 昭島市玉川町

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 深堀   March 23, 2009 17:35
ミナイさんですね・・・

先週ミナイ家のお葬式に行きましたから・・・

深堀

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Blog内検索
Categories